初出荷しました。

1袋500㎏入り計20袋10tの初出荷風景 7月6日(水)岐阜県の大手空調設備会社様に向け初出荷をいたしました。大型木質ペレットボイラーの導入で今回は10tの京都産木質ペレットを発送です。今後も随時配送があるので大忙しです!ありがとうございます。 山から木材を搬出し、乾燥~破砕~乾燥~加工と時間と愛情を込めて作った京都産ペレット。当然のことながら愛着があるわけです。嬉しいような、寂しいような・・・・・。再利用され、お役にたてる事が何よりと感無量です!今日からまたペレット作りに精進したいと気持ちを奮い立たされる良い一日でした。                       

テレビ大阪取材がありました

6月下旬、テレビ大阪『ニュースBIZ』の取材があり夕方のニュースで当社の木質ペレットの特集が放映されました。 間伐、雪害により伐採した木材はこれまで産業廃棄物扱いで焼却されてきました。原発問題を発端とするエネルギー問題が皆さんの大きな関心事になっていますが、一体自分たちにできる事ってなんだろうと考えた方もいらっしゃるはず。 今回のニュースでは自分たちにできる、身近にある物の有効活用が軸になりました。弊社は京都市右京区京北に拠点を置き、地元の山林の管理から伐採・ペレット製造を行なっていますが、林業の衰退が大きな問題になっています。安価な外材に押され国産材の需要が減り、高齢化も重なり山に手が入らない状況です。間伐を行なう事で木の元まで日が当たりたくましく育ちます。大きく根を張り土砂崩れを防ぎます。多くの生物が住みあるべき森が成り立ちます。 私たちは間伐・雪害等により伐採された材木をバイオマス燃料として有効活用するため取り組んでいますが、残念なことに、木質ペレットを御存じない方がほとんどの現状です。この放映を期に認知度が上がる事を心から願っています。 社長も工場長もすごく緊張してインタビューに答えていましたが、熱意が感じられた取材でした!

京都大学宇治キャンパス竣工式

写真1 6月16日(木)京都大学宇治キャンパスにおいて『エネルギー等の地産地消キャンパス~低炭素化へのチャレンジプロジェクト』の竣工式が小雨の中、盛大に行われました。 宇治キャンパス北4号棟の既設空調機から再生可能エネルギーを使用した「太陽熱利用吸収式温水機&木質ペレット焚吸収式温水機」へ変更する画期的な稼働になります。 京都大学 大阪ガス株式会社 京都市 宇治市 森の力京都株式会社の総力を結集した事業です。当社の社長も若干の緊張の中、テープカット・ごあいさつ・ペレット投入式と行なって参りました。当日お越しの皆様は耳慣れないペレットボイラーに興味津津で多くのご質問をいただいたり、お声をかけて頂き、バイオマス事業に対する期待の大きさを感じてきました。 Co2排出量の削減が大きく取りざたされる現在、今からの取り組みが必至ではないでしょうか?すぐに結果が出ることではありませんが、気付いた時には自然は取り返す事の出来ない状態になるかも・・・・・・。私は本当に心配です。 今回の地産地消エネルギープロジェクトを足がかりに木質ペレットボイラーの設置が進んで行けばと思います。現在、京都市ではペレットボイラーの導入に対して購入額と設置工事費の3分の1(上限1,500万円)を助成する制度が行われています。少しでも興味をお持ち頂ければ幸いに思いますのでお気軽にお尋ねください。また、工場見学も随時行っておりますのでお立ち寄りください。

京都市立京北病院にペレットボイラーが設置されました。

京北病院のペレット温水ボイラーは最大出力200kwのタイプこんな感じのボイラーです。 弊社の京都ペレット500㎏の入ったフレコンバックがクレーンで持ち上げられ8㎥のペレットサイロに入れられました。 大きなサイロです。横にはペレットの残量がわかる透視窓がついていました。

木の町づくり協議会を追加しました。

リンク先を追加しました。 「木の町づくり協議会」